モデルで海外にトライした時の事

こんにちは!
暁人です。

今日は記事の中で初めてモデルの事を
書きたいと思います。

自分自身この記事を書くためには
とても多くのモデルのことについて
書かなければいけないので悩んでいましたが
思い切って書きます!

割と閉鎖的な業界でモデルの事を知らない方も
多いと思うので楽しんで読んでもらえたら
嬉しいです。

タイトルに関してですが
まぁ簡単に説明すると
向こうで仕事するために事務所を探しに
行ったということです!

結果は
事務所に入れずボッコボコにされました

(え、そうなの?)
(ハッピーエンドじゃないのか…)

まず初めに
モデルで海外にトライする意味を
説明しましょうか。


すなわち
キャリアアップですね。

(ふむふむ)


特にファッション系の仕事を
している方は確実に海外に行っています。

モデルには大きく分けて二つ種類があり、
1,ファッション系モデル
2,広告モデル

1,はファッションショーを歩く方々
2,は電車の広告やチラシの中にいる人たち
とても雑に説明してますがとても簡単にいうと
そんな感じですね。

そして1の方々は海外に行く事が多いです。
僕はモデルを始めたキッカケが有名になりたい
ファッション系(ショー)の仕事をしたいではなく


1,自分の事を好きになる。
2,海外で広告の仕事をする。
が、理由だったのでショーの時期を外して
ヨーロッパに一ヶ月行きました(2017年2月)
(メンズのショーは6月と1月が基本です)


そして次に挑戦方法を簡単に
説明していきます。


まずアプローチの仕方としては
大きく分けて3パターン
1, 自分の所属事務所と向こうの事務所にアポを取りokが出たら渡航する。
(この時点では所属は決まっておらず面接を受ける権利が得られた。ということになります。)

2,現地の知り合いに紹介してもらう。

3,自分で探しに行く。
(アポ無し突撃訪問です。)

僕は3番の方法を取りました。。。
今、考えると失礼極まりない事を
していたなと思っています。

(身分を弁えろww)


もちろん英語でのやりとりで
僕は大学生の時に一年海外にいたので
そこは難なくクリアできました。

僕が事務所を探しに行った都市は
イタリアのミラノ
イギリスのロンドン
この都市を周りました!


アプローチの仕方3を選択した僕に
必要なのはブックと事務所のドアを叩く
勇気だけなんですね。笑
(ブックとは全モデルが持っている自分の写真集)
(簡単にいうと履歴書のようなものです)


それを持ち、一箇所一箇所ずつ
緊張しながら回っていくわけです。
ランクの高い事務所から回っていくのですが
『秒』といのはこの事か!というくらいの
スピードで『ダメ判定』が出るんですね。

こんな感じでした。
コンコン(ドアを叩く)
事務所のドアを開け、入る。


Excuse me,
I am from Japan and looking for an agency,
Could I talk to the booker??
Sorry, I didn’t make an appointment.


こんにちは!
日本から来たんだけど今事務所を探していて
アポイントを取っていないのだけど
ブッカーさんと話すことってできますか?
(なんと失礼なモデルww)

用語を知らない方はこのブログを
読んでからの方が理解度が
高まりますのでこちらへ
http://akihito-wauke.com/%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e3%81%ae%e7%94%a8%e8%aa%9e%e9%9b%86/


向こうは
Oh, Are you model??
How long are you going to stay??
(だいたいはショーの期間だけ滞在するモデルが多いので期間は聞くことは少ないのですが僕は時期を外して行ったので聞かれました。)
Do you have a book??


モデルなんだね!
どのくらい滞在する予定かな?
ブックは持っているのかい?


そしてbookを受け付けに渡し
3分ほど待つとbookerが来て
Sorry, you are good but we don’t have empty
space now.
Here’s the agency list, you can try
Good luck!! Thank you so much.


ごめん、君いいと思うんだけど
今は空きがないや。
まだ他の所に空きがあると思うから
このリストを見て回ってみな!
ありがとう!
と言われて終了。チーン


初めに僕はミラノの方を回ったのですが
全事務所に同じような事を言われて
惨敗しました。笑

一応
一箇所最終選考まで行ったのですが
翌日『やっぱり今回は…』と言われて撃沈。笑

めちゃくちゃ凹みましたし
モデルとして全否定されたような気持ちでした
一年間寝る時間を惜しんで金を貯め、海外用の
写真を揃えて来たのに一週間で事務所周りが
終わったわけですね。




一ヶ月の滞在費や準備にかけたお金は
計100万近く?だと思います。

(え、そんな金かけたの?!)

そうだよ。
そのくらいかかるんですわ…




何もする気が起きませんでした。
帰国チケットも一ヶ月後のを取ってましたし
所属できる気満々だったのでどうしたらいいか
わからなくなっていましたね。
切り替えが早いのですが結構引きずりました。

ただ、ダメだった場合はロンドンに
飛ぶ予定だったので1日休憩して
すぐに入国。


ミラノの事を引きずったまま
ロンドンの事務所を回りました。

結果から言うと
ボコボコで。。。惨敗です。
2都市合わせて計40箇所以上の事務所を
回りましたが本当に悔しかったです。

(ボコられすぎちゃう?笑)

またリベンジするぜ!!笑




ちなみに
僕の他にも二人少しずれた時期に行った
モデルもいるのですがyoutubeで
(蜃気楼の影)で検索すると当時の動画が見れます。笑
こちらもリンクを
https://www.youtube.com/watch?v=dr-2QwxX02E


ご縁があり
僕はロンドンでいい巡り合いをしました。
そこで出会ったDさん(料理人)に全敗した事を
伝えると

『お前、そんな事で諦めるんか?
何しに日本から出てきたんじゃ。
ダメでも何回でもトライしろよ。』

その時、一気に目が覚めました。
数日後にはロンドンからミラノにまた戻る事に
なっていたので残りの1週間旅行でもするかと
予定を立てていたのですが再度事務所を
周る事を決意しました。(同じところw)
(結構迷惑ww)

(いや、本当迷惑w)



結果からいうと
もちのろんでダメでしたね。笑
『あんた!また来たわね、
ダメなものはダメよ!と怒られましたw』

(そりゃそうだろ!)




でも、Dさんとの出会いで
沢山の気づきや学びを得られたことは
間違いなく僕の中では大きくて
とても感謝しています。


一ヶ月の間でたくさんボコボコにされ
悔しい思いもしましたが逆にやる気にも
なりました。世界の壁の高さを知ることも
出来たしこれからの自分の人生に大きく影響
していくと思っています。


モデルに関わらず
やりたいと自分が感じたことに億劫にならず
トライしていこうと思います。


お読みいただきありがとうございました。
インスタグラムのチェックもお願いします。

https://www.instagram.com/akihito0224/?hl=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です