欠乏感って何?

どうもこんばんは!
暁人です。

遂に梅雨の季節に入りジメジメ
してきましたね。

さて、今日は欠乏感について

コロナで生き方が変わってきている中
皆さんの中でいろいろな価値観が
変わってきているのではないでしょうか。

コロナ前までは
SNSでの自己顕示欲が飽和状態だったと
個人的に感じています。

ですがコロナの状況になり
外出を控えるように内面を見つめるように
なったのではないでしょうか。

今日の議題は
『欠乏感』
まず、欠乏感って何??

1,物足りなさ
2,不満
3,不足感

だいたいこんな感じでしょうか。
自分には
『あれが足りない』
『これが足りない等』
自分にない物を過剰に求めること

欠乏感は

同じ状況でもそれを感じる人と
そうでない人が居ます。

不思議ですよね。

どんなに金銭的に豊かだとしても
感じてしまう人は居ます。
逆に金銭的に豊かじゃない人で
感じていない人もまた然り。

 

僕もモデルを始めた当初とても
強く感じていた時期があります。

それはなぜか。。。。
周りとめちゃくちゃ比較していたからです
いつも何かが足りないと思い
何かと比較して無気力になる。

これの繰り返しが
かなりの期間続きました。

ですがひょんなことから
それは違うと気づきそこから
欠乏感というものが少しづつ
消えていったんです。

まず前提として自分が
なぜ感じているのかを深堀しましょう。
(この深堀も時間がかかるんですけどね)
深堀の際にはどんな時に自分が欠乏感を
感じるのかをメモしておくといいです。

欠乏感は執着心や焦りも同時に
感じてしまいますからね。

完璧に欠乏感を感じなくなることは
難しいかもしれないですが
今から減少させる方法をお伝えします。

1,欠乏感を感じていると認める
2,自分が持っているものに目を向ける
3,SNSから少し距離をとる
4,人に与える
5,人の言葉を受け取る

僕は
1と4がとても大事だと思っていて
give and take という言葉がありますが
5give and 1takeが実際はいいのかなと
思ったりします。

1は欠乏感だけでなく自分を認めるという
行為にあたるので根本的に大事な部分です。

4は物で例えるとわかりやすく
コップに入っている水を喉が渇いた友達に
飲ます。みたいな感覚ですね。

そうすると喉だけでなく
お互いに精神的にも潤いますよね
そこがとても大事だと思っていて

物でも、気持ちでも
何でもとにかく与える。
でも、そこで見返りは期待しないこと。
これ重要。笑

自分がやったことというのは
その人から必ず返ってくるというわけでは
ないです。

別の角度から返ってくることも多く
あるのでその人にしてあげたことが
返ってこなくてもあまり気にせずに。

むしろ
得を積んでますな、ラッキー自分!!
ぐらいでいいと思います。

そうすれば自然と
自分が気持ちよくなって
満たされていくんですよね。
感謝の気持ちも増える。

気づくとあら不思議。
俺・私の欠乏感どこいった?!と
なるわけです。

そうなれば
もう勝ちですね。
(最高!!!!)

今まで見えなかったことが
見えてくるようになり
沢山の気づきも増える。

気づけるということは
とても大事で尊いことです。

日本の古き言葉で
『足を知る』というものが
ありますがまさに本質を捉えていますよね。

大体は持っているものが9割
持っていないものが1割
人間は欲深いのでその1割を
求めがち。

そうではなく9割に目を向けて
本当にその1割って必要なのか?
考えなければならないですね。

きちんと精査し、
自分を満たしてあげましょう。

 

では、今日はここまで!
読んで頂きありがとうございました。

https://www.instagram.com/akihito0224/?hl=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です