自分の頭の中

こんばんは!
暁人です。

今日の題材は最近アメリカで
起こった事件について自分なりに
書いていきたいと思います。

正直、まだまだ勉強不足では
ありますが今の僕の等身大の意見です。

『人種差別』
これって良い事なんですか?
仮にこの質問を100人に聞いて
『はい、良い事です。』っていう人は
一体何人ぐらいいるのでしょうか。

正直0であってほしいです。
そして差別は無くなってほしいとも
思っています。

僕の地元は沖縄。
上京したての頃、出身地を言うと
『バカが集まる場所』
『適当人間が多い』などと

言われたことが何回かあります。
全員がそうではないですがあながち
間違ってはいません。

かの、僕も頭がいいとは言えないし
結構がさつなところもある。
でも、他人がそれを言う資格はない。

同じ日本人だけど出身地で
バカにされたり、笑われたりした。
あぁ、こんな身近にこんな事って
あるんだなと実感しました。

海外に行った時も
アジア人というだけで
レストランでの対応が悪かったり
Yellow Monkeyと言われたり、、、

もう慣れっこなので
またか。。。ぐらいですが

今回の事件は
そうはいきませんね。

肌の色だけで
人が一人命を断たれました。
日本は比較的戦後は平和ですよね。
なのでこういった事件に関しては
実感がないと思います。

ただ、想像してみてください。
自分の大事な人が同じ目に遭ったら
どうでしょうか。

『家族・友達・恋人』

悲しいな〜〜って感情で終わりますか?
そんな軽いわけじゃないですよね。

憎しみ、悔しさ、憤り、復讐
あげればキリがないです。

そして今回のような事件は
初めてじゃないですよね。
歴史的背景から黒人の方々は
奴隷として差別を受けてきた。

ということは何回もこのような
事件が起こっているわけです。

もし、アジア人がそういう背景を
持っていたとしたらどうですか?
黙っていられますか?

僕がその立場なら戦うと思います。
皆さんは見て見ぬ振りをするのでしょうか

それとも自分達の人権に対して
戦いますか?

差別や偏見は
思った以上に身近にあります。

例えば
考え方が違う人同士でも
規模は全然違いますが起こりえます。

『あいつの考え方はおかしい。』など
自分と意見が違うだけで否定や偏見って
生まれてると思いませんか?

僕はこう感じています。
『お互いの理解が足りない。』

それは今回の事件にも
いえることだと思います。

色んな価値観
色んな人種
様々な育ち

色んな人がこの世の中には居ます。
それは自分の知らない世界がとても大きく
広がっているということです。

色んなものを見て
肌で感じて自分に落とし込み
理解を深める。

自分の視野を広げていき
寛容になる。

自分の存在を認め
相手の存在も認めてあげる。

自分と合わない人がいても
そういう心を持っていると
受け入れられる。

そういう視点を持ちながら生きる。
とても重要じゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です